ギャルリーヴィー 中古 GALERIE VIE 2020SS ライムイエロー ボートネックプルオーバー マーケティング サイズ:S 6月24日見直し 【6月24日見直し】,VIE【2020SS】,/coldproof936599.html,andalousie-tourisme.com,レディースファッション , トップス , シャツ・ブラウス,サイズ:S,4235円,ギャルリーヴィー,ボートネックプルオーバー,【中古】GALERIE,ライムイエロー ギャルリーヴィー 中古 GALERIE VIE 2020SS ライムイエロー ボートネックプルオーバー マーケティング サイズ:S 6月24日見直し 4235円 ギャルリーヴィー 【中古】GALERIE VIE【2020SS】 ボートネックプルオーバー ライムイエロー サイズ:S 【6月24日見直し】 レディースファッション トップス シャツ・ブラウス 4235円 ギャルリーヴィー 【中古】GALERIE VIE【2020SS】 ボートネックプルオーバー ライムイエロー サイズ:S 【6月24日見直し】 レディースファッション トップス シャツ・ブラウス 【6月24日見直し】,VIE【2020SS】,/coldproof936599.html,andalousie-tourisme.com,レディースファッション , トップス , シャツ・ブラウス,サイズ:S,4235円,ギャルリーヴィー,ボートネックプルオーバー,【中古】GALERIE,ライムイエロー

大人気 ギャルリーヴィー 中古 GALERIE VIE 2020SS ライムイエロー ボートネックプルオーバー マーケティング サイズ:S 6月24日見直し

ギャルリーヴィー 【中古】GALERIE VIE【2020SS】 ボートネックプルオーバー ライムイエロー サイズ:S 【6月24日見直し】

4235円

ギャルリーヴィー 【中古】GALERIE VIE【2020SS】 ボートネックプルオーバー ライムイエロー サイズ:S 【6月24日見直し】









お問い合わせは京都店(075-252-2424)までどうぞ。
 

ご注文頂く前に必ずご確認下さい


■商品状態のランクについて

商品の状態はS~Dまでのランク表記をさせて頂いておりますが、あくまで目安としてお受け取りください。

■商品の表記カラーについて

掲載商品の色味はできる限り現品を再現するように心がけておりますが、ご利用のモニター環境により、実物と多少異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。


■商品の詳細サイズについて

実際に測ったサイズは作業上、または素材の特性上、1~2cmの誤差が生じる場合がございますので、予めご了承くださいませ。

■商品の在庫について

当店の商品は実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、お買い上げ頂いた商品が品切れになってしまう場合がございます。ご迷惑をおかけ致しますが、予めご了承ください。


※当店の商品は基本的に全て中古品となりますことをご了承下さい。多少でも商品に対し不安な点、ご不明な点等がございましたら、ご注文前にお問い合わせのうえご検討下さい。



ギャルリーヴィー 【中古】GALERIE VIE【2020SS】 ボートネックプルオーバー ライムイエロー サイズ:S 【6月24日見直し】

人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ロイヤル・コペンハーゲンのフローラ・ダニカシリーズのナデシコ柄プレート

 う~ん、煩悩は増えていくばかり。「割れ物は極力買わない」と心に決めていたのに、全然違う方向へ行っています。本日はこちら。先程アリーグル市場で見つけた、ロイヤル・コペンハーゲンの中でも最高峰のシリーズ、フローラ・ダニカのプレートです。以前、名古屋の松坂屋さんでフローラ・ダニカのセールに遭遇し、「素敵だなぁ」と思った鉢状の入れ物が半額で80万円くらいでした。まぁ、そういうレベルのシリーズ。阪急うめだ本店でのフランスフェアに参加したての頃に、僕が扱っていたロイヤル・コペンハーゲンのブルーフルーテッドのプレートを見ながら、「うちにはフローラ・ダニカが一式ございますのよ」なんていうお客様がいらっしゃって、その時はフローラ・ダニカが何なのかわからず、「まぁ、素敵ですね」なんて言ってみたのだけれど、後になってビックリでした。
 とまぁ、立派な話はさておき。御覧の通り、欠損があります。これは如何ともし難い、どうしようもないレベル。
送料無料&追加で何個買っても同梱0円 【送料無料】あす楽 柳宗理 キッチンナイフ 刃渡り18cm 包丁 ステンレス 日本製 やなぎそうり sori yanagi 18-8ステンレス
 裏側にもこのように欠けがあります。金線も薄れているし、結構激しく使われていたに違いありません。こんな状態なのに、結構な金額を出して買ってしまいました。というのは、蚤の市人生始まって以来初めてフローラ・ダニカに出会い、高揚してしまったのでした。それぐらい、お目に掛かれない代物なのです。
 オンボロなのには理由がありました。こちらの3本線の裏印は、1870~1890年代に使われていたもの。年季が入っていたのでした。Dianthus Carthusianorumは日本でいうナデシコ。
 ナデシコ自体は落ち着いた感じに描かれているけれど、全体としては華やか。不思議な地味派手感です。『フローラ・ダニカ』は、1761年にコペンハーゲンで出版された植物図鑑の名にちなんでいて、1790年にロシアの女帝エカテリーナ2世への献上品として制作を開始。デンマークの植物、約2600を描くという壮大なプロジェクトは、エカテリーナ2世存命中には実現せず、結局中止となりますが、それまでに制作された食器はデンマーク王室で使用され、主要なものは国宝になっているのだそう。そんな素敵な歴史のあるシリーズです。フフフ。
 それはさておき、時々覗く心理療法士さんのYouTubeで、頭とハラの中の考えはそれぞれ別の場合があり、頭で望んでいてもハラの中が違うと実現しにくくなる、という話を聞いて納得。「煩悩から逃れたい」といくら思っていても、「やっぱりキレイだったり珍しいものに出会ったりしたら取り敢えず買っておきましょ」なんてハラの中で思っているわけです。「ああ、痩せたい」と思っていても、「来年あたり飢饉が来そう」とハラの中では真剣に思っていて、中々ダイエットが成功しないのと一緒です。と書きつつも、パリに来てから2キロくらい痩せましたけれどね。それで、ハラというのはそのまま腹のことで、どうやら腸が人間の思考を左右しているのではないか、という仮説のもと研究がなされているようです。この歳になって、何となくわかるような気がします。ということで、結論から書くと、今後も煩悩と付き合っていくことにしました。心に響くものに出会ったら気にせず買うことにします~。


オンボロだけれど、大切に販売します~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 「光の画家」には珍しい静物画 立体複製名画 モネ 「ブドウがある静物」 F10号 | 調度品 | Comments(0)

赤ちゃんの頭部型ボンボニエール

 昨日は限界まで買い付けをし、その後慌てて友人宅へ夕食に行ってしまったのでブログをアップできませんでした。ということで、1日振りのアップです。ちなみに昨日は、朝から左岸の3カ所を巡り、部屋での昼食を挟み、20区4カ所、11区1カ所を攻めました。計8カ所。ただ、最後のフェデルブ・シャリニィの住人主体のバザーは到着が夕方遅くで、店仕舞いが始まっていたため空振り。途中の20区のアパルトマンの共有スペースを利用したバザーでも何も見つけられず。まぁ、そういうこともあります。やはり、早い時間に行った場所で良いものに巡り合える確率は高くなるかもしれません。でも、行く時間が早過ぎると、店出しが終わっていない場合があり、見逃しが起きる可能性もあります。また、全部の商品をいっぺんに陳列するのではなく、小出しにしていく売主もいて、早い時間に行ったからといって良いものが見つかるとも一概には言えず。遅い時間に行くと投げ売りに出くわすこともあったりし、とにかく運に左右されること多々ありです。それで、昨日最初に行った古物市では、それなりに良いものをゲット出来たと思います。そこは両側に高級ブティックが立ち並ぶ通りで、地区でいうと官庁勤めの家族や富裕層が多く住んでおり、日本でいうと千代田区番町のような感じでしょうか。高くても売れるようで、値段が全体的に高かったりもするけれど、骨董店にあってもおかしくないような高級品が売られていたりして、目の保養にはなります。やはり場所柄なのか、エルメスのバーキンが売られていて、一瞬「いくらなんだろう?」と思うも、値段を聞いたところで1万円とかではないだろうし、もし1万円で買えたとしても、僕がこれをイベントで売っている姿を想像できず。「僕が扱うべき商品ではない」、と冷静さを取り戻す努力をしながら、その場を通り過ぎたのでした。
 さて、本日はこちら。昨日の朝購入した、赤ちゃんの頭部型のボンボニエールです。悪趣味ギリギリな、1920年代のドイツ製キッチュ磁器アイテムの一つ。裏印はありません。
 実はこのボンボニエールの存在は20年以上前から知っていて、個人的にコレクションしたいと思っていましたが、高価で手を出せずいました。今回はそれなりだったし、もう出会えないかもしれないと思っての購入です。もちろん自分のコレクションには加えず販売用。もう個人的なコレクションは新たにしないことにするつもりです。
 リボンとフリルの色がブルーのバージョンも存在し、「2つ並べると尚更良し」なのですが、日本へ行くまでに見つけられるかは本当に微妙。一応、頑張って探してみます~。


ダラけてしまい、商品整理が全然進まず~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2021-09-21 01:07 | 調度品 | Comments(0)

マイセンのバスケット

 本日土曜日は、6カ所巡りました。朝にヴァンヴの蚤の市へ行き、その足で近くの公園での古物市へ。それからラスパイユの教会でのバザーに入ろうとしたら、衛生パスポートの提示を求められて断念。それからポー・ロワイヤルへ行くも、古物市は立っていなくて、スマホを良く見たら曜日を間違えていました。それからグルネル通りへ行くも、これまた曜日間違い。それぞれ、明日の開催でした。ガックリ。部屋に戻って昼食を取り、旧証券取引所の周りで行われていた古物市へ。同人誌でご一緒している日本人の友人が出店していて、久々だったので長話。その場で共通の友人に電話をし、来週3人で食事をすることに。それからレピュブリックへ。何も買わず、ジュルダンへ。ここでも何も買わず。「余程のものでない限り、見なかったことにする癖を付けるキャンペーン」実施中で、その成果が出て来たようです。
 ということで、こちらは厳選された一点。昨日、パリ市内の古物市で仕入れた手の平サイズのマイセン窯のバスケットです。煩悩は煩悩でも、プチ煩悩ですし、価値のある煩悩、ということにしておきます。
 裏印。剣の柄頭部分が滲んだように太くなっているので、1816年から1924年まで描かれていた形と推定。かなり開きがあるのですが、こちらのバスケットは少なくとも100年くらいは経っているはずです。
 裏印の剣の描き方が雑ですが、さすがにこちらの花は丁寧です。どうやったらこんな風に描けるのか本当に不思議。
 そしてこのレース状の細工に寸分の隙も無く、素晴らしい出来栄えです。
城東テクノYR束 YR-2438L
 交差部分に半立体の小花が描かれています。マイセンは“なんちゃって”も多く出回っているけれど、こちらのバスケットは全てにおいて丁寧な仕事で、その美しい仕上がりを見るにつけ、マイセンの作で間違いないでしょう。当然ながら仕入値は高く、でもこのサイズなので、値付けに悩みそう。ただ、やっぱり最初は少し強気値段で行きたいと思います~。


これから夕食前の腹筋運動をします~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2021-09-19 02:38 | 調度品 | Comments(0)